フィリピンでの車やバイク生活

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



最新記事



-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

先日読者様にアドバイスいただいたライディングポジションのアドバイスのまとめ

スポンサーリンク


■先日読者様にアドバイスいただいたライディングポジションのアドバイスのまとめ

私の悪い場所 → 肩で操作している? 

改善するには・・・


【ハンドルに手を添える】
ハンドルに手を置く基本は、自然体で
シートに座って、手を自然に伸ばし、グリップに乗せる
少し斜めにハンドルの端側からグリップに手を置く

走行中のオートバイが前後左右に暴れても、腕サスペンションで対応している状態。
肩から先には力を入れずフリーにして、外力を受け流せるようにしておく

余計な入力をハンドルにしないということにもなる。



【グリップ上の手の位置】
グリップの根元(グリップが反り返ってる部分)に人差し指と親指が接触していてはいけない。
指一本分が親指とグリップの根元から離れている状態が理想といわれている

グリップの根元に接触していると、アクセルを戻そうと握力を抜いてもアクセルが戻っていないことがある
パニックブレーキのときにアクセルが開いたままFブレーキレバーを握ってしまう原因に


総アクセルワークのとき【ヒジの位置は動かさない】を意識する。




椅子に座って、手を前に出してみた場合、ヒジを絞った場合と、左右のヒジの間隔を広げた場合、
どちらが動きやすいか。
左右のヒジの間隔を広くすると、自然とハンドルに置く手はハンドルバーに対して斜めになる。

ロードバイクに比べオフロードバイクのハンドルバーの形状は、極端に言うと一文字に近く、
そして幅広である。
これで自然と腕サスペンションの乗車姿勢(より大きく左右のヒジ間隔をとる)になる。

以上




おそらく、ハンドルがブレてこけたのも疲れやすいのも何か根本的なところが出来て無いのだろう。
私は十代の頃から殆ど乗ってない超リターンライダーなので、ド素人と一緒である。
https://youtu.be/pwYMZ3R7MbI
(これで素人丸分りw広角は運転操作が勉強できていいねw)



中二病どころか、小学校1年生レベルであるww


修行続く・・・






また事故を見てしまった・・・

事故に遭遇するたびに気が引き締まる思いだ。

s-DSC05748.jpg




s-DSC05749.jpg




■ユーチューブ動画

この前のとは違います。
ボロバイクでどこかへ出かけて帰って来ないので心配して見に行ったらエンストしていましたw
その時の様子です。数十秒です。

■81歳のおじいちゃんバイクで立ち往生【Senior biker】
https://youtu.be/zEcSexkEmOw


これも数十秒
■【化石バイク】この2ストはなんだ!?ヤマハみたいだが
https://youtu.be/truCRkqgpVg






s-DSC04543.jpg




あれだけ連日誘いがあったバイククラブのミーティングがばたっと止まっている。
今月になって一度TXTがあったっきりだ。

今はフィリピンの選挙機関で主要な人たちはバイクどころじゃなくなってる模様だ。



フィリピンの選挙は命がけだ。時にバイクより危ないww

スポンサーサイト



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



最新記事



2015-07-28 : 未分類 : コメント : 7 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

mindanaobiker

Author:mindanaobiker
このブログではフィリピンの乗り物生活をレポートしております。「トヨタハイラックスREVO」をフィリピンのミンダナオ島で便利に使う為の改造や「スズキエブリィ」の修理、「カワサキNinja250」の改造やツーリング記録などを写真や動画を交えてレポートしてゆきたいと思います。【現在バイククラブの活動は諸般の理由のため自粛中です】

Google検索

カスタム検索

スポンサーリンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


フィリピンブログリンク集
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



FC2 Blog Ranking

リンクについて、その他

■当ブログはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼り下さい。

■現在こちらからのリンクは致しておりません。

掲載写真に付いて

■当サイトに掲載してある写真は全て本人もしくは団体の許諾済みです。

■写真の無断使用、転用はお断り申し上げます。

QRコード

QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。